晴れたらいいね。。。

山と自然・季節ごとの中で見たり感じたこと  (♪画像はクリックで拡大します)                     ※間違いもあるかもしれませんので、このブログを元に食毒の判断をしないで下さいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハタケシメジVSクサウラベニタケ

ここのところ、ハタケシメジがまれにみる大発生で嬉しい悲鳴です

IMG_5718_20101018105008.jpg

さて、上の写真のように株状で生えていればほぼ間違うことはありません。

が・・・

単発で生えてる場合、見間違うのがクサウラベニタケ(毒きのこ)

ちょっと写真がピンボケてしまいましたが
IMG_5712_20101018105222.jpg
この5本中、ハタケシメジが一本・クサウラベニタケ(毒)が4本です。わかりますか?

裏側
33717512_808631805_107large.jpg
クサウラベニタケの成菌はほんのりピンク色なのがわかります(ハタケシメジは左上)

他にも同定のポイントは色々あるのですが、パッと見ではなかなかわかりづらいものです。
お腹壊して苦しい思いはしたくないですよね~~(><)気をつけましょう。

IMG_5722.jpg

テーマ:きのこの写真 - ジャンル:写真

*** COMMENT ***

yamyamさんへ

yamyamさん、こんばんは♪

丁度ハタケシメジの発生場所にクサウラがたくさんあってね~
ほんとこればっかりは、いくら図鑑を穴の開くほど見詰めても、ネット画像拡大してみてもダメですよね。
発生場所・質感・光沢・匂い・・・その他イロイロ複雑な情報は場数を踏んで実物と出会ってこそ得られるものだと私もいつも思っています。
んでもって、観察するだけじゃなく口に入れてこそ、そのきのこの全てを知ることができるんだよね(笑

きのこも数年やってるとだんだん慣れというかマンネリになってきますが(ん?日記も?)、初心を忘れずいくら見慣れたきのこでも慎重さを忘れちゃイカンと常に肝に銘じております。
幸い未だ一度も中毒症状はないのでえがった(*^▽^*)yamyamさんにも何度も助けられましたよね~v-419

あれっ?そういえばウラベニホテイ日記見せてもらってない気がするなぁ(違ったらゴメンネ)。。。
コッチにいないので憧れのきのこなんだよ♪もう終わっちゃった??

名人泣かせ

傘の開ききったクサウラはそれと判るヒトは結構いると思うんだけど、若い個体のヒダは白いってのが厄介だね。
ハタケと比較するなら柄のうっすらグレーがあるかないか。
ホンシメジと比較するなら傘の質感(微妙)と柄の太さ。
一番難しいのはやっぱ小型のウラベニホテイとの比較かなぁ。
まあ、「質感」ってのは結構重要なキーワードだね。
図鑑の様な記述の仕方だけでは表せないモノがあるし。

図鑑やネットだけでの画合わせ同定では間違う場合もあるからね。
こればっかりは、フィールドで場数を踏まないと身につかないんだろうな~。

そういった観察の機会も、季節で限定されてしまうのが難点なんだよね。
自分の「感」をリセットしてくれる指標の様なきのこを沢山覚えておかないといけませんなぁ~。

クサウラさんは、それこそアチコチでニョキニョキ出る多発性ってのも間違いを誘発しやすい要因だね。
沢山出る事で間違いを犯す、パチンコ屋みたいなきのこだわさw

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カウンター(2009.1.24~)

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ

pictlayer

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

都こんぶ

Author:都こんぶ
北海道在住の地球人
雨の日以外は山に行きます
山菜・昆虫・釣り・きのこ大好き
春~秋はきのこ人

リンク
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。